BG_curry.jpg

8歳以上

10分

​4~8人

  • 「スペシャルカレー」カード:4枚

  • 「ノーマルカレー」カード :6枚

  • ボンクラトークン:40個

  • 説明書:1枚

内容物

oobora_title.png

​ストーリー

― おはなし ―

ある日、近所のカレー専門店にみんなで出かけました。
料理を注文し、みんなで美味しく食べ終わった後
店員が申し訳無さそうに、こう言いました。

「すいません、お客さまに出したカレーの中に
 間違えて、スペシャルカレーが1つ混ざっていました。
 食べた人のお代は無料にするので名乗り出てください。」

すると、あろうことか全員がスペシャルカレーを食べたと
名乗り出たではありませんか!?

店員と客の仁義無き戦いが今始まる…。

BG_curry.jpg

あそびかた

― 遊び方 ―

30秒で「辛さ」をアピール

店員が混入する「スペシャルカレー」は4種類。しかし、どれが入っているのかを知っているのは客の中でもたった1人。店員に目をつけられないようにしつつ、他の客たちに「スペシャルカレー」の種類を伝えるのが勝利への鍵。

​ただし、カレーの情報は「辛さ」の感想しか伝えることができないので注意!

説明画像_2.jpg

​店員と客で闘う正体見破り系

店員の目的は、自分が混入した「スペシャルカレー」を食べた客を見事発見すること。その為には客同士の会話に耳を傾け、怪しい人を除外していこう!

客の目的は、店員をうまく騙すこと。さも自分が「スペシャルカレー」を食べたように装って、ミスリードできれば有利!

説明画像_1.jpg

​客同士が「辛さ」の感想を30秒話しあった後は、いよいよ店員の出番!明らかな嘘を言っていた客は除外して、「スペシャルカレー」を食べた客を見つけだそう!間違えても当てるまでは継続。間違えすぎると「ボンクラトークン」で惨めな羽目に。全員が店員をプレイした後、一番「ボンクラトークン」を持っている人が敗者になります。

説明画像_3.jpg

言動を観察して、当てよう!

BG_curry.jpg
oobora.jpg

大ボラカレー

ジャンル ―――――――――― 正体見破り系

発行日 ―――――――――  2018年12月13日

ゲームデザイン ――――――――― 尾根ギア

アートワーク ―――――――――― 尾根ギア

ブランド ―――――― SMART500 GAMES

制作 ――――――――――――― FR@ games

BG_curry.jpg
FRAT_logo_small.png

FR@ games

©FR@ games  All Rights Reserved

  • Twitter